看護師職場ならではの不満やトラブルってどんなの?

クセのある先輩看護師にもしっかり対応してトラブル回避

クセのある先輩看護師にもしっかり対応してトラブル回避

看護師の世界は想像以上に女の園だった

20代の女性看護師です。専門学校卒業後、地方の二次救急の総合病院に入職しました。内科病棟と療養病棟に勤務し、いま4年目です。入職した当初は、職場の人間関係に本当に悩みました。看護師の職場は、やっぱり女の園です。嫌がらせや足の引っ張りあいのオンパレードでした。私はもともと気が弱く、女同士の争いは苦手です。しかし、毎日の苛酷な業務をこなす中での、業務とはまた別の女の戦いのような職場に嫌気が差し、本気で自分は看護師に向いてないのかな、と思いました。

相手に合わせた話題を提供するなど工夫して

それでも、こんな状態で働き続けるのはイヤだと思い、日々職場で過ごしながら看護師としての観察力のスキルを発揮し、そのスタッフごとへの対処を身に付けていきました。例えば料理と人の噂が大好きな「面倒お局様」とペアで動かなければいけないときには、料理の話題や、最近のニュースで取り上げられている芸能界の不祥事を話題にしたりなど、その人にあった話題を振ることで、相手もこちらへの攻撃をしなくなってきます。そういった対応をしているうちに、スタッフ同士での嫌がらせによる業務の妨害をかわせるようになっていきました。

明るくふるまううちに職場の雰囲気も変わり

当初は、お互いに陰で悪口を言い合っているようなギスギスした雰囲気の職場だったのですが、そんなときこそ話題を転換して明るいトークをすることで、職場の雰囲気が少しずつ明るくなっていったように感じました。また、少しのことでもオーバーに喜ぶように心掛けたことで、いままで嫌がらせをしてきていた先輩看護師からも可愛がってもらえるようになり、仕事をスムーズに進められるようになりました。

イヤな先輩相手でも対処する方法はある

どこの職場でも、男女関係なくパワハラまがいのことをしてくる上司はいるものです。ですが、それに屈してしまうと、人間関係はそのまま閉じてしまいます。私は誰もが認める内向的なネガティブ人間ですが、そんな人こそ、他人の特性をじっくり観察して冷静に対応できるように努力することで、後々評価してもらえると自負しています。味方もおらず、たったひとりで戦い、いまでは敵だった先輩たちの相談役になるところまでこぎつけました。パワハラ先輩に出鼻を挫かれても、つけいるチャンスは必ずあると思います。

看護師の職場トラブル

看護師の不満:勤務形態

看護師の不満:女の争い

看護師の不満:サービス残業

看護師の不満:職場の対応

看護師の不満:給料の安さ

看護師職場ならではの不満やトラブルってどんなの?